お酒を飲んだ次の日の体臭対策

お酒を飲んだ次の日は体臭がきつい

飲んだ次の日

仕事上での付き合いなどで頻繁にお酒を飲む機会があるという方は多いと思いますが、アルコールを摂取した次の日に体臭がきつくなったと感じたことはありませんか?


体臭というのは本人だけ気が付かないことが多いため、意外と自覚していないものですが、お酒を飲むとアルコールが原因となって体全体から臭いを発しやすくなってしまうのです。


特に毎日夕食の時には晩酌をするのが日課となっている方は、常に臭いがしている可能性があるので、自分で臭いを感じることは難しいでしょう。


一般的な感覚としては、お酒を飲めば息が酒臭くなるというイメージはあるようなので、しっかりと歯を磨いておけばいいとか、リステリンやモンダミンなどで入念にうがいをしておけばいいと思っているようですが、そんなに単純なものではありません。


なぜなら、アルコールのというのは血液として身体全体に運ばれるため、息だけでなく、汗や尿などの体内から出る水分から臭いを発するようになるため、対策が簡単ではなくなってしまうのです。


アルコールの臭いは思っているより強烈

強烈な臭い

ある程度大人になるとお酒の臭いというものがそれほど強烈に感じなくなるものですが、子どもの頃やまだお酒にあまり慣れていない時に、電車の中などでお酒を大量に飲んでいるであろう方の臭いを嗅いで、「酒臭い!」とものすごく不快になった経験はありませんか?


私の場合は親戚中がお酒大好きだったので、正月などに親たちがみんなで飲んで、よぱらって話しかけられるのが本当に嫌でした。


しかも大概次の日の朝も強烈な臭いを発しているため、翌日まで嫌な思い出になっています。


お酒を飲むと体臭がきつくなる理由は、複数の臭いの原因が合わさっているからです。


具体的に言うと


  • アルコールによるもの
  • 汗によるもの
  • 腎機能の低下によるもの

といったことですね。


まず、アルコールが体内に入ると体にとっては有害物質であるため分解して排出しようとしますね。


そのときに発生するのがアセトアルデヒドという物質で、二日酔いの原因であると同時に強い刺激臭を放つのです。


このアセトアルデヒドは、腎臓でろ過されて尿として排出されるのですが、お酒を大量に飲むとすべてを分解しきれずに一部が血液内に取り込まれてしまうのです。


そうすると、汗や呼気から臭いのもとであるアセトアルデヒドが分泌するため、いくらしっかりと体を洗ったり歯を磨いたりしても体臭を防ぐことができないのです。


体内に吸収されたアルコールは、肝臓でアセトアルデヒドに分解されます。そして、血液中のアセトアルデヒドが皮膚から放出されることで、特有の刺激的で青くさい臭いが生じるわけです。 出典:ダイヤモンド・オンライン

さらに、お酒飲んだ次の日には体の細胞内に取り込まれた水分によってむくんでいる状態であるため、汗がでやすくなります


普段はそれほど汗をかかないのに、アルコールを摂取した翌日だけは良く汗をかくという経験をする方も多いと思います。


しかも、先ほど言ったように汗にはアセトアルデヒドが含まれているため、より体臭が増幅されるわけです。


また、臭いの原因となる物質が身体の中に摂取されると、通常は腎臓で取り除かれて尿になるのですが、アルコールの分解で疲れてしまって腎機能が低下した状態だと、本来は排出されるようなものまで除去しきれずに、体内に取り込まれてしまうため、いつも以上に体臭がきつくなってしまうのです。


このように、お酒を大量に飲むと、アルコールの臭い、発汗、腎機能の低下という要素が相乗効果となって体臭がきつくなってしまうのです。


お酒を飲んだ翌日の体臭対策

サプリメント

先ほども言ったように、汗や呼気そのものに臭いの原因が含まれているため、事前に清潔にしたところで効果は期待できません。


そのため、地道なんですが、発生した臭いのもとである汗をかいたままにせずに、汗拭きシートなどでこまめに拭きとったり、インナーシャツを取り換えることが大切です。


呼気についてはガムやブレスケアなどを使用することで、多少紛らわせる効果は得られるでしょう。


ただし、仕事をしている方は特に職場の環境などによって着替えたりすることが許されない方もいると思います。


そんな方におすすめなのが殺菌作用のあるデオドラントの使用です。


汗に含まれる臭いのもとになる成分を体の常在菌が分解することで臭いが強くなるので、殺菌作用のあるデオドラントを特に気になるところに塗っておくことで臭いを抑える効果が期待できるのです。


トイレなどでサッと塗れるように、小さいボトルタイプのものを携帯しておくといいと思います。


トップへ戻る