タバコの臭いで注意を受ける


接客サービス業の会社で、ユニホームに着替えてる時に、上司から体が臭うとの指摘があり、上司に聞くと体臭とタバコの臭いが気になるとの事でした。

 

もともと体が汗かきで、顔は脂性肌でしたので、体臭はある方だと思います。

 

そろそろ中年にかかってきたので、加齢臭も出てきたと思います。

 

さて、上司にその臭いではとても接客ができる状態ではないと言われ、その上司からお前はトイレ臭いと暴言を吐かれ、無理やり消臭剤と、コロンを体中にかけられ、とても嫌な思いをしました。

 

ヘビースモーカーなので、その上司からタバコの匂いの事も前々から指摘され、未だに指摘をされます。

 

確かに不快な臭いを体から発してては、お客様には失礼だと思い、体臭や口臭を消す努力などをはじめました。


ギャツビーシリーズで対策


まずは、脂性肌の顔をどうにかしようと思い、ギャツビーのフェイシャルペーパーのブラック(激落ち、スーパーリフレッシュタイプ)を使用しました。

 

確かに激落ちです。

 

メンソールがかなり強く、顔を拭いた時にかなりピリピリしますが、汚れはごっそり取れます。

 

耳の裏もしっかり拭きましょう。

 

次に身体です。

 

体臭の方はギャツビーアイスタイプ(消臭スプレー)アイスシトラスの香りです。

 

さーっと身体にふりかけると、身体がキーンと冷えて、真夏のベタベタした肌に最適です。

 

夏場の体の匂いに効く感じです。

 

脇の下にもごっそり振りかけると、気持ちいいです。

 

ユニフォームの下に、インナーをつける、そのインナーを何枚か予備を用意しておく。

 

汗かきな自分は汗をよくかくので、汗をかいたら新しいインナーに取替えて、常にインナーが乾いてる状態を維持しておきます。


臭いが気にならないと精神的に楽


上司から指摘があってから、1年たちましたが、今では、臭いについては指摘を受けなくなりました。

 

タバコの方も銘柄を変えたら、お子様のお客様からの指摘もなくなりました。

 

今まで臭いにおびえ、仕事に集中できなかったのですが、いまは臭いを気にせず、のびのびと業務をこなす事が出来てます。

 

特に思ったのですが、首筋の耳の裏に、悪い臭いを発する事が多いので、そこをしっかりやるだけでも、だいぶ臭いを減らす事ができると思いました。

 

インナーをこまめに変える事が意外と難しいかも知れませんが、それだけて体臭はだいぶ変わってきます。

 

大変かも知れませんが、インナーを変えるのはオススメです。

 

後はどうしても体臭が消せない時は、香水に頼るという、最終手段をもっています。

 

体臭に怯えて仕事するよりは、のびのびと体臭を気にせず、お仕事した方が良い仕事ができ、良いライフワークもおくれると思います。